オーネットで結婚する人の共通点3つ

 

オーネット元会員として半年ほど活動した後退会した私。

毎月送られてくる会報や、同じく会員になった友達がスルっと結婚していくのを見ていて、結構似たようなタイプが集まっているように感じたので、まとめです。

似た者同士は惹かれあう

 まず、結婚まで至るカップルの特徴その1。

よく結婚式に出席したときに感じませんか?

「二人ってなんか似てる」

単純に顔の雰囲気が似てるっていうのはよくあります。笑った顔だとか、薄い顔、派手顔。はっきり言ってしまえば顔面偏差値が同じくらいのカップル。というのはよくある組み合わせですが、婚活という場においてはゴールまでの時間が短いのでよりその傾向が強くなります。

通常職場や飲み会や、趣味の集まりなんかで時間をかけて関係を築いていく。という工程をすっとばすので、「一目ぼれでした」なんて稀有な例を除いて、ほとんどは「共通項があったから好きになった」ということが多いです。


私の友人の場合は、「一緒に話していて楽だった」「仕事の話と、家族背景が似ていた」などなど、あ、いいかも〜〜と思える要素が積み上がったそうです。

合コンや出会いの場では、いいな〜と思ってデートをしても、相手は付き合いたいとは思ってない。付き合っても、結婚したいとは思ってない。など、いろんな段階ですれ違いが起こるので結婚までの道のりが長いことが多いですが、婚活。特に結婚相談書と言う本気度が高い場所では、男性側も「付き合って、いい子なら結婚」という頭があるため非常にスムーズです。

「顔が似ている」

「しゃべるスピードや、持っている雰囲気が似ている」

「共通の趣味がある、好みが似ている」

こういう、安心できる要素をより多く見つけ出せる=結婚までの確認作業ができている。ということなので、オーネットでは交際期間は3ヶ月〜半年で結婚するかどうかを決めるのが標準的。

友人の場合も、交際期間は約4か月。これは地元に帰ることが条件だった彼女の、退職や引っ越しの準備期間も含めているので、結婚を前提としたお付き合いが結構早い段階でスタートしています。

結婚相談所の場合は、出会ってしまえばゴールは見えた。という感じですね。

 

ギラギラした人は少なく、おっとり系が中心

婚活パーティーのイベントや、婚活バーなんかの広告を見ていると、シャンパン片手にドレスにヒール。男性はスーツ。みたいなのがよくありますが、実際に来ているのはもっさりして喋り慣れてないような、オタク寄りの男性ばかりでがっかり。

・・・なんて経験を婚活女子ならしたことがあると思います。

オーネットでも一緒で、「あんま女性と喋ったことないんだろうなぁ〜〜」って人や、こちらから質問をしないと会話が続かない人、また、まじめすぎて仕事一辺倒で年取りました。みたいな人が結構います。

40手前の男性とも何人か会ったんですが、なんでこの人結婚してないのかなー??っていう普通な人も多くて、単純に仕事忙しかったんだろうなー。出会いってそんなないよね。って、女ばかりの職場+引きこもり体質の私は思ってました。

わかりやすく言うと、合コンで来ても「あ、ふーん」レベルの見た目。

ガツガツ来るタイプというよりは、話しかけられるまで黙ってる。一次会で帰っちゃう。

そういうおとなしめの、気のよさそうな男性が多かったです。

イケメンはまずいない。と思っておいたほうが、気が楽だと思います。

結婚に対する並々ならぬ意志

オーネットで結婚する人たちに共通するもの、3つめは・・・

「諦めない心」

毎月送られてくる会員誌に、カップル成立報告やら、出会いから結婚までのストーリーっていうのがあるんですが、見てるとすごいんです。

「会って、会って、会いまくって、あきらめかけた時に出会えました」

「婚活疲れしちゃって・・途中休会をはさんで・・」

「ずっとお断りが続いたので、写真を撮り直してアドバイザーと相談しながら・・」

などなど、まさに不屈の精神。

私も経験しましたが、婚活ってフィーリングが合うまでの確率なんで、すぐ出会えるか出会えないのかは、なんとも言えないところがあるんですよね。

この人いいな〜。という感覚が積みあがればお付き合いになりますし、ちょっとなーピンとこないなーと思うことのほうが多いので、結構長期化することもあります。

最初にガッと網を広げて、そこから絞り込んでいく。というのが結婚相談所のセオリーです。


では、オーネットで結婚できた友人は、他の人と何が違ったのか??

詳しくはこちらをどうぞ!

↓↓↓

「オーネットで結婚できた友人と私の違いとは??」

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加