入会までの経緯〜婚活業者比較の決め手〜

 

 

結婚相談所の一括資料請求してみた

私の場合は、親が勝手に資料請求をしていて、気づいたら数社からパンフレットが送られて来ていました・・・^^;

届いたのはCMで見たことあるなー聞いたことあるなーといういわゆる婚活大手。

・ツヴァイ

・オーネット

・サンマリエ

・パートナーエージェント

・ノッツェ

封筒は、無地のものでこっそりと送られてきます。婚活がブームとはいえ、プライバシーに配慮されているのはうれしいですね笑

無地の封筒を開くとまーーー華やか!!!

結婚式の写真や、笑顔のカップル写真などキラキラしたパンフレットが次々送られてくるたび、おお・・・と及び腰になる私。ほんまかいな・・。どうせイメージ写真でしょ。なんて現実的な見方をしてしまうので、とりあえず中身を検討します。

一番重視するのはなんといっても料金・・!!

 

結婚相談所の料金、リーズナブルに婚活したい!

婚活なんてバクチだ!ぼったくりだ!なんて思っていた私にとって、料金は一番気になるポイントでした。どうせなら安く済ませたい・・・。

なんであんな高いの??っていうのが納得できなかったんですよね。

各社色々とシステムが違うので、平均化が難しいところではありますが、大体成婚に至るまでのトータルは4、50万。といったところ。

ただし、早々にお相手と巡り会った場合や、またお付き合いして休会制度を利用したり、また活動を再開したりと、いろんなパターンがあるのもっと安くなる方ももちろんいます。

  入会金 月会費 休会制度 成婚料
ツヴァイ 125,000 13,800 1500/月
オーネット 106,700 13,900 500/月
サンマリエ 180,000 13,500 なし 100,000
パートナーエージェント 125,000 16,000 なし 50,000
ノッツェ 77,500 13,500 0/月

 

でもこの料金も、各社コースやシステムに相当幅があってほんとわかりにくい・・・。20代のコース、40代のコース、最近は乗り換え割引なんてものも出てきました。携帯電話料金みたいですよね。

 

調べまくったけど結局・・・

成婚率の高さとか、サポート充実度とか、ひと月に出会える数とか、

婚活ブログとか口コミ系もめっちゃ調べまくりました。

だってほんと高いんだもん・・・

 

大手の身元証明をちゃんとするところは、

大体10万コース。

「高えぇよ!何代だよコレ!!足元見てんなーー!!」ですよ。

結果が出るかわからない博打モノにムダ金使うなんてやじゃないですか。

でも前述のとおり、

どこもそう変わらないんです!!!ほんとに!

そらそうですよね、

人との出会いなんて最終的な判断は自分なので。

「これで結婚できると決まったわけじゃないしな〜〜。」

調べればしらべるほど、迷宮にハマっていき、
「結局どこにすればいいんだぁぁ〜〜」と迷いまくった私。

ノン博打体質の貧乏性、
その上無職の私は数万円の出費にびびりまくり、
なかなか決心がつきませんでした。

なんとなくのイメージ重視

結局、

「電話のオバさんの愛想が良かった」と、
母が勝手に面談予約したオーネットに行くことに。

私も値段はネックだったものの、
会員数がダントツ多いという売り文句に惹かれました。

母体が大きければチャンスも増える気がしたんですよね^^;

父も、オーネットは楽天グループで大手だから、高くても知名度で選べ。
と推しだったのも決め手に。

人間、
「どこもそんなに変わらないなぁ〜」という時の決め手は、

「なんとなくよさそう。」
「愛想よかったからサービスちゃんとしてそう。」

というフワッフワ〜なインスピレーションなんですね(笑)

 

しかし、

オーネットは初期費用約10万円だったので、
「高いなぁ・・・」とうじうじしていた私。

またも父!

「お前時間(年齢)がどんだけ大事なのか分かってるのか!
 金なら出してやるからさっさと行け!!」

・・・この理系合理主義たるや・・・

こうして、

残り1か月で30歳だった私は、滑り込みセーフで得をすることになります。

 〜つづく〜

 

お伝えしたいポイントその?

・業者選びはフィーリングで構わない
(胡散臭さ満載のキラキラ幸せ系パンフが届きます。ウェデング業界と一緒。)

会社のシステムよりも、どんな担当者がつくか。のほうが大事
(美容院で自己主張できない系の人は担当者が悪いと振り回されます)

年齢はあらゆる条件を凌駕するので、思い立ったら吉日。マジで

 

>>試しに「結婚チャンステスト」してみる?⇒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加