ついに楽天オーネット入会!~面談は事前準備が吉~

 

ドッキドキ面談!結婚相談所ってどんなとこ??

私は大阪住まいなので、
梅田の堂島の支社で面談がありました。

梅田という便利な場所にありつつも、
人目を気にする必要のない少し離れたエリア。

余計な勘繰りかもしれませんが、
「あのひと婚活に来たのね」っていうバレバレ感がないので良かったです。

ドキドキしながら事務所に着くと、
全部がついたてで仕切られた面談ブースになっています。

来所者同士が顔を合わせることがないように、
立体迷路のように配置も工夫してあります。

個人指導塾みたいな感じと言えばイメージしやすいでしょうか。

そのうちの1部屋に通され、
50代くらいのちゃきちゃきした女性が挨拶。

まずはアンケートということで、

いきなり希望条件の項目を書くことに!!!

えー!ノープランなんですけどーーー!!

私なぞ、相手を選べる立場じゃござーっせん!!!

大汗かきつつ、

2,3ページかそれ以上のアンケートを記入します。

最初は性格や指向に関する質問

私はこういうのが好きだ、こんな性格だ、YES/NO
みたいな感じでけっこうな設問数にチェックしていきます。

相手の性格は家庭的のほうがいい、仕事好きがいい、
子供の教育を一緒に考えたい
相手の母親も同じように大事にしたい

など、さすが結婚相談所やでぇ~~・・・という
ヘビーな設問もしっかりあり、
お相手男性はこんな人がいいなーっていうのを絞り込んでいきます。

更に身もふたもなくなっていく最後の設問。

・年齢 

・希望年収 

・学歴

・家族構成

 

何の準備もしてなかったので、これは書くのに苦労しました。
いきなり年収とか言われてもなぁ・・・・。

今思えば、
楽天オーネットがやってる「結婚チャンステスト」

コレを先にやっておけばよかったなーと思います。

事務所で記入する焦りを自宅でゆっくりできるので、
マッチングの精度も多少変わるかと。

 

<関連記事>

楽天オーネットの「結婚チャンステスト」ってなに?

 

結果発表・・・!!!

 

このアンケートをもとに、

「あなたの希望条件だと、○人くらい候補者がいますよー。」

と教えてくれるわけです。

 

待つこと10分。

「無職喪女の低スぺのくせに贅沢言ってんじゃねぇよ」
とか裏で言われてんじゃないかと思いました。

(今思えば医者と一緒で、一日何人も見てるんだから、
恥ずかしがることなんてなかったんですが。)

正確な人数は忘れましたが、

「へぇーっ私みたいな低スぺでもいいって人がこんなにいるのか!!

という結果にびっくりしたのを覚えてます。

 

後は、

しっかりと理想と現実の年収相場の説明があり、
うまくいかなきゃ妥協も必要だよね?^ω^

っていう話と婚活システムとか説明聞いて、
「どーします?やってみますか?」って感じでクロージングでした。

 

疲労感と相性で入会決定

人にもよるんでしょうが、
私の担当者は「入るまで逃がさへんで~~」という感じはなく、

「自分の娘やったら最初はバツ1はやめとくかな!」

「そこまで私条件悪いし・・・って思わんでええけどねぇ!」

という感じのサバサバちゃきちゃきした母親世代の女性でした。

10万をドブに捨てるかもしれない(←オイ)
かと思うとなかなか即決できず、散々悩みました。

しかし、

希望条件を絞り出すアンケートをまたやるのが憂鬱なのと、
その後何社か見て回って、一番アドバイザーが面倒見が良さそうだと思えたので、楽天オーネットに入会を決めました。

まとめ

・人を条件で選ぶなんてっ!て罪悪感を捨てるとこから始まる

「結婚チャンステスト」を事前にやっておくと面談が楽
 (いちいち考え込むので3,40分はアンケート記入に取られた…)

20代だと2,3万安い。メンズの食いつきも段違いに良い。
30代がメイン層なので、希少価値が上がってる。

・担当がなんか自分とは合わないなあ。と思ったら別会社へ。

(私は計2人のアドバイザーと顔を合わせましたが、
どちらもいいひとでした。)

↓↓↓

>>楽天楽天オーネットの「結婚チャンステスト」を今すぐチェック→